よもやま話

梅雨時の健康管理

霖雨の候。
早いもので、6月も 半ばを過ぎ。
ちょうど、一年の折り返し地点を 迎えますね。
段々と 蒸し暑さも増す、今日この頃ですが、身体の調子は、いかがでしょぅ?

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

はっきりとしない 天気が続くと、何となく気分が落ち込んで、体の調子も 今一つ・・・
なんて 感じることが 多くなりますよね。
朝起きて 窓辺で浴びる太陽の光を 気持ちの良いものと感じる方は 多いと思います。
これは気分的なものだけでなく、朝日を浴びることで 私たちの体内時計も リセットされる
からだ といわれています。
また、寝ている間は、副交感神経が 優位になっていますが、光を感じることで 交感神経が
優位な状態へと切り替わり、日中の活動的な リズムへと スムーズに 移ることができる
様です。

今頃の時期は、雨が降らなくても 曇りがちの朝が 多くなります。
天気ばかりは どぅにもなりませんが、ちょっとした工夫をして、朝の目覚めが良くなる
工夫を してみては、いかがでしょぅ?

【簡単なストレッチをする】
ちょっと目覚めが悪いなと思ったら、起きる前に、ベッドの中で 手や足を伸ばしたりして
簡単なストレッチをしてみましょぅ。
これで体が温まってきたら起き上がり、前屈をしたり、肩を回したりすれば、かなり体も
目覚めます。

【少し熱めのシャワーを浴びる】
普段は夜、お風呂に入ることが多いと思いますが、天気の悪い日が続く時は、朝 ちょっと
熱めのシャワーを浴びる様にしてみましょぅ。
交感神経を 活性化する働きがあるそぅです。

【朝食をしっかり食べる】
これは 梅雨時に限りませんが、朝起きた後も、ボーッとなるのを避ける為に、朝から
ご飯やパンなどの 炭水化物をしっかり摂りましょぅ。
摂取した炭水化物から、ブドウ糖がつくられ、脳のエネルギー源となります。

この様な方法などで、体内リズムと実際の生活リズムの ずれを極力 少なくしてみては
いかがでしょぅ。

朝食以外に もう一つ 食生活にも、気を配りたいものです。
湿気の多い時期は、「酸っぱいもの」を食べるのが 良いといわれますよね。
梅干しや お酢などは、味覚や嗅覚を刺激して、蒸し暑い時期でも食欲をアップさせて
くれます。
また、酸味の主成分である クエン酸には、食中毒防止にも 役立つ殺菌作用の他に
疲労回復効果も 期待できますから、酸っぱい食材を上手く 利用したいものですね。

さらに、胃腸が疲れている時は、食中毒を起こしやすくなるといわれています。
腸内の環境を良い状態に保つには、野菜や果物、海藻などの 食物繊維や、乳酸菌を
多く含む ヨーグルトなどを 積極的に食事に取り入れましょぅ。

朝の目覚めと体内時計の リセットを スムーズに行って、食生活にも 気を配りながら
健やかな毎日を 過ごしたいものですね。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


酢(す)

梅雨の候
梅雨入りも 間近でしょぅか?
あじさいの花が 似合う うっとうしい季節が やってきますね。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

この季節、また これからの 暑い季節には、何かと の物が
好まれる 時期でも あります。
には 殺菌や 食欲増進の効果が ありますからね。

その ‘酢’
紀元前5000年頃メソポタミア文明が 栄えた 現在のイラク南部で
果実などから 造られたのが 始まりと されています。

日本には 西暦400年前後の古代に、晋~南北朝時代中国から
酒造技術と 共に 伝わったと 推測されます。

現存 最古の歌集 ‘万葉集’ には、「合わせ酢で 鯛を食べたい」と 詠まれていて
生魚や 干し魚に 酢を つけて 食べる事が 好まれた 様です。

庶民に 広まったのは、屋台の 握り寿司が 町人たちに 人気と なった
江戸の時代です。

近年、夏の暑さが 厳しい 地方ほど 酢の消費量が 多く、西高東低の
傾向に あるそぅです。

但し、沖縄は、購入額が全国 平均の 75%ほど なのだ だとか。
シークワーサー などが 代用される 独自の 食文化が うかがえますね。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


カビ予防

麦秋の候
これからの時期、雨が多くなってくると 外出する機会が 少なくなり
気持ちも 暗くなりがちですが、鮮やかな花を 咲かせる アジサイ や ショウブを
見かけると、気持ちが 和みますね。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

梅雨の じめじめに つきもの なのが、カビですよね。
そこで、身の回りにある物で カビの 予防が 出来る といぅ お話しです。

《新聞紙 と ダンボール》
タンスの 引き出し、押入れの 一番下に、新聞紙 か ダンボールを 敷くと
湿気を取って くれる様です。
家具と 壁の間にも、新聞紙 か ダンボールを 挟むと 湿気を取ってくれる
だけではなく、ホコリ対策にも 良いそぅですよ。
お客様用の布団。普段は 使わないものですよね。
布団も カビやすいので、布団と 布団の間にも、新聞紙を 挟んでおくと 良いかも
しれませんね。

《10円玉》
洗濯機の 洗濯槽の 内側も、湿度が 多く、カビが発生しやすい 場所です。
まず、使わない時には、蓋を 開けておくこと。
また、洗濯をする時に 10円玉を 洗濯ネットに入れて、洗濯物と 一緒に 洗って
みて下さい。
10円玉の 銅イオンが カビの予防に 効果が ある そぅですよ。

まぁ、お金も かからないこと ですし、だまされたと 思って、試してみては
いかがです?

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


そら豆

惜春の候。
いよいよ、5月も末となると、ジメジメした 梅雨の季節が 近づいてきますね。
でも、雨に濡れた 木々や 路地裏を のぞくと、 しっとり とした、梅雨ならではの
風情が見られるのもいいなぁ、なんてことも 近年は 思える様に なりました。
季節の感じ方も、歳と共に 変わっていくものですね。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

緑色が美しく、これから 旬を迎える 初夏の味、‘そら豆’。

特有の香りと、ほのかな甘みが嬉しい 初夏の味覚、そら豆は、青空に向かって伸びていく
姿から、「空豆」と名付けられました。
日本には、8世紀頃インドの僧により伝えられたともいわれ、若いうちに 採る青果用と
完熟したものを採る、乾燥豆用があります。
現在、流通している品種は、大型で大粒の「一寸そら豆」が主流です。
一粒が 約3cm(一寸)なので、この様な名前が付いています。

そら豆は、“おいしいのは3日だけ” とも 言われる程、鮮度の落ちが 早い野菜です。
九州から北海道まで、全国各地で栽培されている、そら豆は 露地栽培が 市場を
占めている為、3月ぐらいから 日本列島を北上しながら、10月頃まで
産地を リレーしていきます。

乾燥していない生のそら豆は、野菜として扱われ、水分が少ない分だけ
各種の栄養素が 豊富です。
特に、良質なタンパク質が 10%以上も含まれるのは、数ある野菜の中でも
特筆のものです。
その他、ビタミンやミネラルも豊富に含まれます。
特に、B1・B2やCなどが多く含まれ、鉄分の宝庫と言われる ほうれん草と
ほぼ 同量の 鉄分を含みます。
そら豆に 黒い つめの部分が ありますよね。
これは、“お歯黒” と呼ばれ、実が熟れすぎると この部分が黒くなり、 味が落ちていって
しまうんだそぅですよ。

また、鮮度が命の そら豆は、購入後、すぐに食べることを お薦めします。
冷蔵庫で保存するより、硬めに 茹でて、冷凍保存すると 美味しさが長持ちしますよ。
茹でたてを食べるのは 勿論、下茹でして スープ や 揚げ物、煮物にしても 美味です。

これからの時季、冷たいスープなども、爽やかな 初夏に ぴったりで、いいですね。
緑のそら豆で、初夏の味を 堪能するといぅのは いかがでしょぅ。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


人と馬との つながり

若葉の候
スッキリしない 天気が続き、一雨ごとに 梅雨の 近づきを 感ずる 今日この頃。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

梅雨の 近づく頃といえば、昔は 田植えの季節でも ありました。
まだ、耕運機などの 農機具が発達していなかった時代は、田植えを はじめとする 農作業は
大変な重労働でした。
そこで活躍したのが、人の言ぅことを よく聞き、黙々と働く、農耕です。

なかでも、奈良時代から 馬の産地(南部駒)として有名だったと いわれる 岩手県では
軍馬として使われていた馬が 農作業にも使われる様になり、やがて 家族の一員の様に
親密な関係が 築かれていきました。
そぅした ‘人と馬とのつながり’ を今に伝えるのが、「南部曲がり家」です。
この住居は、人が暮らす母屋(おもや)と馬小屋が L字型につながっていて、日常生活の
中で、人と馬が 寄り添う様に暮らしてきた 歴史を うかがい知ることができます。

そんな 岩手県滝沢村では、かつて、旧暦の端午の節句に、蒼前(そうぜん)神社
縁日が 開かれていました。
その時、連日の農作業で疲れた馬を ねぎらう為に、人々が馬を連れて神社に お参りをし
無病息災を 祈う様になったといわれています。
これが、今も 多くの人々でにぎわう、「チャグチャグ馬コ(うまっこ)」の お祭りの
始まり とされています。

滝沢村の 蒼前神社から 盛岡市の 八幡宮まで、およそ13キロの道のりを、美しく着飾った
100頭ほどの馬が 4時間程 かけて 練り歩きます。
何かと馬が登場する伝統行事は 他の地方にもありますが、“馬が主役” とも いえる お祭りは
全国でも 珍しいもの だそぅですよ。

ところで、チャグチャグ馬コの、“チャグチャグ” って何?
この チャグチャグとは、馬に付けられた 数多くの鈴が 鳴り響く音のことだそぅです。
また、馬が身につける、赤や黄色の 鮮やかな装束も、村の人たちによって、手作りされています。
この 装束の原型は、江戸時代に 行われていた、大名の参勤交代の 荷物を運んだ馬に 着せられた
「小荷駄(こにだ)装束」と いぅものだといわれています。

農繁期の最中、人と馬が一緒になって、祝うお祭りは、つかの間の休息であると共に
人と馬の絆を 更に深めてくれる 大切な行事として、今日まで 受け継がれてきました。

この世に、馬好き(競馬好き?)な方々は、あまた いらっしゃることかと思います。
スマートな サラブレッドも 宜しいですけど、暮らしの中に生きる、たくましい馬たちの
晴れ姿を 見るといぅのも、時には いいのではないでしょぅか?

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


富士山

立夏の候
初夏を思わせる 陽気かと思えば、雨模様。
一雨ごとに 梅雨の足音が 聞こえて来る様な 今日この頃です。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

日本の 象徴ともいえる、誰もが 知る 富士山
でも、意外と 知らない事も あるのでは?

富士山は、南北に約44km、東西には 約38kmの 裾野が 広がっています。
ほぼ、円錐形の富士山は、典型的な成層火山。
同じ火口から、噴火を繰り返しながら、火口付近に、溶岩などが堆積するので
ほぼ 円錐形になっています。 

富士山測候所の調べによると、山頂の年間・平均気温は、氷点下6.4℃。
10月~5月の間は、つねに0℃を下回っているそぅです。
なので、この時季でも、白く雪を残している訳です。
これまでの最低気温は、氷点下38℃。
最高気温は、17.8℃。
風も、けっこう強く、平均風速は、11.4m だそぅです。
穏やかそぅに そびえ、皆が気軽に登れるイメージの富士山ですが、さすがに3776m
日本一の 山ですね。

富士山
の名前の由来は、諸説あるそぅですね。
その一つには、二つとない程、すばらしい山といぅことから、‘不二山’
また、大きさが 尽きないといぅ意味で、‘不尽山’
さらには、アイヌ語の ‘フンチ=火の神’ や、マレー語の ‘プジ=すばらしい’ から
などといぅ説までも あるのだとか。

有史以来、何度となく噴火を繰り返してきた、富士山
8世紀頃から、記録に残されているだけで、16~17回、噴火をしています。
大噴火は、800年の延暦の大噴火。有史以来の大噴火といわれる864年の
貞観の大噴火
1707年には、宝永の大噴火が記録に残され、以来、約300年間、富士山
噴火活動を休止。
しかし 現在でも、いまだ活発な火山活動が観測されていて、活火山として
位置づけられているんですね。

冬に 湛えた雪肌が、太陽の光に赤く染まって見える、紅富士
それに対し、夏場、7月の中旬、頂上の土が燃える様に輝くのが、赤富士
山中湖 近辺からの、雨上がりの翌朝 5時前が、赤富士を見る狙い目だそぅです。
これから迎える、梅雨の時季。
梅雨の晴れ間の 夕刻には、箱根の山が お薦め。
箱根の山から 富士山を望むと、劇的な夕焼けが 見られるチャンスがあるそぅですよ。
富士山の表情は、見る場所・角度・季節・時間によって、様々に変化するんですね。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


端午(たんご)

新緑の候。
五月晴れの 空に、鯉のぼりが 悠々と 舞い踊る 今日この頃。
っと 言いたいところですが、近頃は 残念ながら、そんな光景など
なかなか 見られなくなりましたね。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

5月5日は ‘こどもの日’ であり、‘端午の節句’
鯉のぼり武者人形、兜飾りを飾り、ちまき柏餅を 食べ、菖蒲湯に つかって
健やかな 成長を願う 男の子の お祭りです。

鯉のぼりには、立身出世。 柏餅には、家系の継承。
菖蒲には、邪気払いの意味が 込められています。

端午は、元々、月の端(初め)の 午の日を指し、‘午’ が ‘五’ に通じる ことから
五の重なる 5月5日を 端午の節句として 祝う様に なりました。

っと、こんな事まで しっている 人が この世の中に どれ程 いるのでしょぅ?

また、5月の 第二 日曜日は、‘母の日’ です。
1907年、アメリカの ‘アンナ・ジャービス’といぅ 女性が 教会の 日曜学校で
亡くなった 母の会を開いて、カーネーションを 贈った のが 始まりだ そぅです。

何となく 世間に 踊らされてる だけでなく、物事の おおよそ くらいは
知って おきたい ものですね。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


クラゲ(海月)

春陽の候
あっといぅ間に 桜の 季節も 過ぎ、夏を迎える 頃となりました。
桜は、南から 徐々に北上しながら 咲いていくので、東北から 北海道に かけては
ゴールデンウイークの頃に、お花見が 楽しめる地域も あるそぅですよ。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

‘クラゲ’

海の中を潜ると、必ず 見ることが できるのは、クラゲ なんだ そぅです。
クラゲの 仲間は、9000種 以上が 報告を されていますが
まだまだ、調べ尽くされては いません。
専門の研究者が 1回 海に潜れば、必ず 新種を 1種類 や2種類は
見つけられるんだ そぅです。

クラゲは 非常に シンプルに見えますが、深海に適応して、体の 仕組みも 生活スタイルも
進化させています。

深海に住む 動物プランクトン などの 小動物は、発光できる 生物が 多くいます。
クラゲは 肉食性で、こぅした生物を 食べますが、発光する小動物を 胃に入れてしまうと
クラゲの透明な 体ごしに 光が外に漏れ、天敵に 見つかってしまいます。
その為、クラゲの 胃袋は、色が濃くなっていて、光を外に漏らさない様に
工夫され できています。

魚などの 天敵に襲われると、長く伸びる触手を 切り離して、魚が職種を 食べている 隙に
逃げる訳です。

水深200メートル~1000メートルの 海では、岩 や 泥などの 安定をして
体を固定する場所が ほとんど ありません。
この為、ヤドリクラゲの 仲間は、他のクラゲに 自分の 子供を くっつけて 育てます。
アカチョウチンクラゲの 幼生は、海中を漂う 小さな巻貝の 殻に 取り付いて 育ちます。

クダクラゲの 仲間は、最も長いもので、40メートルにも なるんだ そぅです。
この 地球上で 最大とされる シロナガスクジラの 倍近くも ある訳ですから
世界で 最長の動物と いえますね。

小さな クラゲが 水槽で 優雅に泳ぐ様は、実に 心 癒されますけど、こんなに でかいのは
きもいですよね。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


血液型

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

皆さんも 当たり前の様に ご存じの 血液型
AB 型の 4種類に 分けられますが、これは 酵素を運ぶ
赤血球の 型の違いを 分類したものです。
体外から侵入した 異物と 自分自身の細胞とを 区別する 目印として
赤血球の表面には ‘抗原’ と呼ばれる、たんぱく質が あります。
この 抗原の微妙な差によって、血液型も 4種類に 分けられて いる訳です。

日本人の場合、A型4割O型 3割B型 AB型 1割 といぅ

比率だと されています。

実際の 血液型には、AOBOAABBOOAB通りの
組合せが ありますが、O型の性質は OOの 場合にしか 表れませんので
AAとAOは 共に A型、BBとBOは B型と して 分類されています。

ABO型とは 別の分類方法に、RHプラスマイナス といぅものが ありますよね。
これは 目印に 使う抗原の種類が 全く異なります。
日本人には 圧倒的に RHプラスが多く、マイナスは わずかに 0.5% 。

血液型は 当然、人間 以外にも ありますよ。
には 13種類には 3種類の 血液型が、やはり、抗原の 違いによって
分けられるそぅです。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


行者(ぎょうじゃ)ニンニク

陽春の候
強風に あおられ、満開の の花も 散り始めました。
花の命は 短く、残念ですけど、本番に 向けての サインでも ありますね。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

‘行者(ぎょうじゃ)ニンニク’
皆さん、ご存知でした?

主な産地は、北海道
これからの 時季、4月下旬~6月上旬が、旬です。 

強烈な ニンニク臭と、カラッとした 辛味があるのが 特徴です。
昔、修験道(山岳修行)の 行者が、滋養強壮に食べたといぅ、言い伝えから
この名前が、ついたと言われています。
近年、天然物は、非常に少なく、幻の山菜に、なりつつあるそうですが、近年では
栽培物が普及し、店先に出回るものは、ほとんどが これです。

行者ニンニクは、ユリ科多年草で、‘アイヌねぎ’ とも呼ばれます。
ネギ属の中では、最も葉が広く、冬は、地上部が枯れますが、球根は、残っていて
春になって、そこから出て来る、若い葉と茎の部分を 食用とします。
種から育つまでに、最初の1~2年は、葉っぱだけで、茎の部分(ネギのように)が
出来ません。
食べ応えがある様に育つまでには、5年かかるといわれ、乱獲してしまうと、なかなか
自然に回復しませんので、幻の山菜と、なりつつあるのだそぅです。

天然物は、北海道から 近畿地方に分布し、本州では、日本海側の山地に 多い様です。
湿り気があり、かつ 陽あたりも良い場所を好み、寒い地方ほど、高度の 低い平地にも
生えるのですが、近年、平地の天然物は、取り尽くされてしまい、山深く、さらに 崖の様な
急斜面にしか 生えていないのだとか。

栽培物も、普及しては来ましたが、出荷 出来るまで育てるのに、何年も かかるので
高価な物になっています。

行者にんにくは、生のまま 味噌をつけてかじる のが、最高だそぅです。
または、軽く茹でてから 水にさらして、酢味噌で和えて、ヌタに。
また、天ぷらも 美味だそぅですよ。

えんリフォーム‘ シュウプロ は、時どきの 出会いを 大切に!
出会えた ご縁を 大切にしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たって おります。


12345...10...