">

外壁・屋根塗装

外壁や屋根塗装は、“外観を美しく保つため”だけだと思っていませんか?
もちろん、美観性を保つ役割もありますが、本来の目的は“建物の耐久性を高めるため”。
塗膜で外壁や屋根の表面をコーティングすることで、水分の浸入や紫外線のダメージを防いでいます。
建物はそういった外的影響に弱いため、塗装でしっかりと守ってあげることが重要です。

塗り替えをせずに放っておくと、劣化が進み、二次被害に発展することも・・・。適切な時期に適切なメンテナンスを行いましょう。

外壁や屋根にこんな症状はありませんか?

【危険度★】ツヤが無くなってきた
【危険度★★】汚れが目立つ、色あせている
【危険度★★★】壁を手で触ると白い粉が付く(チョーキング現象)
【危険度★★★★】ひび割れや塗膜の剥がれが見られる、藻やコケが発生している

危険度★★~★★★の症状が見られるようになったら、塗り替えの時期が迫っている証拠。
塗膜の剥がれやコケの発生まで進行してしまうと、雨漏りの危険性がかなり高くなります!
そうなると、工費も跳ね上がってしまうため、適切な時期にメンテナンスを行うことが大切です。

少しでも気になる場合は、当社までご連絡ください。

一覧ページに戻る