シクラメン

寒冷の候
師走
の 様相が、日に日に 強く 感じられる 今日この頃。
何かと 気忙しいですね。

「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

秋から春にかけて咲き、冬の花の代表とされる ‘シクラメン’。 
ポインセチアと同様、これからの季節に 良く目にしますよね。

シクラメンは、元々、地中海沿岸トルコから イスラエルにかけて
原種が 自生しています。
日本には、明治時代に 伝わったと いわれています。  

和名は、‘豚の饅頭(ブタノマンジュウ)’ ’篝火草(カガリビバナ)’
二種類だそぅです。
ブタ・マンジュウ とは また、どんな 由来なのでしょぅね。

 

埼玉県農林総合研究センター園芸研究所が 育成している クラメンを
ご存知ですか? 
バイオテクノロジーを 駆使して 野生種に しかない芳香を 園芸種に
取り入れた シクラメンで 良い香りのする オリジナルの シラメンで
バラ ヒヤシンスを 合わせた様な  ‘麗しの香り’ ‘孤高の香り’ ‘香りの舞い’
という 品種が 育成されています。

その昔、小椋佳さんが 作詞作曲した ‘シクラメンのかほり’
布施明さんの歌で 大ヒットでしたね・・・懐かしい。
でも、実際には 一般のシクラメンには、ほとんど 香りは
ないのだそぅですね。 

シクラメンの 花言葉は ‘清純思慮深い内気はにかみ’

ご注意!
‘死(シ)’  ‘苦(ク)’
の 語呂 合わせから、病院への 見舞いに
この花を 持って行くのは、タブーと されているそぅですから
気を つけましょぅ。
 

シュウプロ
時どきの 出会いを大切に!
せっかくの ご縁に お応えしたい。
そんな 気持ちで 日々、仕事に 当たっております。
 


一覧ページに戻る