そうめん(素麺)

立秋の候
暦の上では、を迎えました。
とはいえ、連日の猛暑に どなたも だなんて、思っては いませんでしょ?
それにしても、次から次へと 今年は、台風の当たり年ですか?
お盆休みを前にして 何ですけど、台風一過で 秋風でも 吹けば いいですね。

さぁ、「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

さて、こぅ 猛暑が続くと、食事なども、さっぱりとしたもの、冷たいものに
つい 手が伸びてしまいますよね。
そこで、夏は、やっぱり ‘そうめん’! っといぅことで、夏の風物詩とも いえる
そうめん(素麺)を取り上げてみました。

ご存知の様に、そうめんは、小麦粉に塩分の含まれたを加えて混ぜ、油を
塗って薄く延ばし乾燥させたものです。
製造の過程で、人が実際に手を加えて作るものを ‘手延べ’ と いいます。
似た様なものに ‘冷麦’ がありますが、違いはといぅと、麺の太さだけなのです。

手延べそうめんは、直径1.3mm未満の 丸棒状のもの。
手延べ冷麦は、直径1.3mm以上1.7mm未満の 丸棒状のもの。
更に、直径1.7mm以上の 丸棒状のものは、手延べうどん
と呼ぶのだそぅですよ。

 


一覧ページに戻る