蝉(セミ)

猛暑の候
毎日、30度を超える 猛暑が続く、今日この頃ですが
地震 や 豪雨、台風 も 次から次へと やって来るわ。
これ程、文明が発達した 現代に おいても、自然の驚異には
人は、未だ なすすべ無しです。
地球上を これだけ 好き勝手に 荒らしまくれば、地球も 怒りますよね?

さぁ、「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

皆さんは、もぅ、セミの鳴声を お聞きになりました?
私は、数日前に 早々と 近所で 耳に しましたよ。
‘1週間程しか 生きられないのだから、こんなに早く出て来なくても’ 
などと 思ったりもして。

しかし、その様に短命だと いわれてますけど、実は 意外にも
1か月程は 生きているとも、いわれているんですよ。
ご存知でした?
しかも、幼虫としての 地下生活は、3~17年もの 長期に渡っている
そぅですから、昆虫の中では、長寿の 部類に入る虫なのです。

鳴く時間帯は、種類によって異なりますが 
‘クマゼミ’ は 午前中。‘アブラゼミ’ や ‘ツクツクボウシ’ は 午後。
‘ヒグラシ’は 朝夕に。 ‘ニイニイゼミ’は 日中を通して。
等々、 鳴声も セミにより、様々ですね。


一覧ページに戻る