茗荷(みょうが)

緑樹の候
まだ、5月だと いぅのに、暑い日が、しかも、蒸し暑い日が
続きますね。
次期に、梅雨入り なんてことに なるのでしょぅか?

さぁ、「シュウプロの よもやま話」
今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

蒸し暑さも加わり、すっかり、の様相です。
これから 迎える 夏の風物詩の 一つに、葉しょうがの一属
日本独自の 香味野菜 ‘茗荷(みょうが)’  がありますが
その香りは、暑い夏でも を もたらしますね。

 


一覧ページに戻る