節分

今日も、気の向くまま、よもやまに つづって いきたいと思います。
さて、今日の話題は・・・

2月3日は、‘節分’ですね。

元来、節分とは、‘季節を分ける’ 事から ‘節分’と いわれます。
現在では、節分と いえば、立春前日だけを指す様になりましたが
季節の始まりを示す、立春立夏立秋立冬の 前日は、いずれも
節分なんですね。

現在の様に、立春の前の節分が 特化されている理由は、旧暦の時代では
‘立春正月’ などと いい、一年の始まりを 立春付近に求めた事から
その前日は、年の最後の日と いぅ意味合いを持ったと考えられます。
この様に、年を分ける節分と いぅ事で、他の3つの節分より、重要な位置を
めたのでは ないかと思われます。


一覧ページに戻る